南部杜氏の里・岩手県で大正から続く蔵元「世嬉の一(せきのいち)酒造」から旬な話題をお届けします。

>>世嬉の一酒造公式ホームページ    >>ネットショップ

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2014年07月03日(木)

みやぎEC・OSMC共催 東北復興支援イベント』~ECが創造する未来~ in 仙台

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援
今日は、「みやぎECの会」として、みやぎEC・OSMC共催 東北復興支援イベント』
~ECが創造する未来~ in 仙台のお手伝いに参加しました。
↓↓↓
http://www.miyagi-ec.com/20140703.html
これは、山内商店の山内さんが、震災後危機感をもって立ち上げた勉強会です。
世嬉の一は岩手県の企業ですが、参加させていただいております。
山内さんは常々私達に次のことを教えていただいております。
10年遅れていると言われる東北のイーコマース。
全国のEC総流通額のうち、東北が占める割合は1%程度と言われています。
もはやEC(ネットショップ)は単に商品を販売するだけでなく、
顧客との繋がりを確立し、未来を創造する情報発信ツール。
「情報発信」に疎い東北にとって一番の課題とも言える「やるべき事」です。』
そして、今回OSMCという会が協力して、震災復興のイベントを開催しました。

http://www.osmc.ne.jp/
みやぎECの会メンバーとOSMCのみんなで200人の参加者を集め、
仙台で講演会を開催しました。
講演会の先生は、第一講座は

「ECだから復活した!街の電器屋的ふれあい商売」

講師 堂園秀隆様

照国電機株式会社 代表取締役

照明器具の専門店てるくにでんき

http://www.terukuni.co.jp/



夜逃げ寸前のところから這い上がり、照明器具の専門店として
人気の企業です。
這い上がる際の壮絶な人生とそこから生まれる経営の知識と智恵と
実行力。
本気になって勉強し、本気になって即実行する、そして自分の
お客様をきちんと把握してコミュニケーションをとっていく。
インターネット販売というとなんとなくクールな取引のイメージが
あると思いますが、すごく温かな交流をおこなってお客様一人一人を
大切にする事を教わり、脳みそに刺激をうけました!
第二講座は
「主婦が一人で立ち上げたECから実店舗オープン!」

講師 室水房子様

株式会社 ケイエムテクノス 代表取締役

防音専門ピアリビング 店長

http://www.pialiving.com/

こちらも様々な紆余曲折があり、その中で商品開発をおこないつつ
主婦が一人で立ちあげ、お客様の声を活かしつつ、
防音商品を販売している企業です。
その根底には、「温かい家庭を守る」(自分もお客様も)という
志があるのだと思いました。
室水様のご講演もインターネットを通じて心と心を通わせる商取引の
事を教えて頂きました。
第三講座は
「売り上げは、お客様が作ってくださる

 ~ 10年間で広告なしで100倍の売り上げを作り上げた接客とは」

講師 水竹 浩様

(株) 久原本家 椒房庵 通信販売部部長・コールセンター長

http://www.kubarahonke.com/

http://www.shobo-an.co.jp/

久原本家様の9億円の企業が100億以上になっていく中、
店舗、通販、ネット通販などの展開を行っているのですが、
企業を大きくする中で常にお客様を思う仕事の仕方で
感動をつくり、それを伝えていくということでした。
大きな企業になっても心と心を通じ合う仕組みを企業の風土として
つくりあげていく姿に驚きとうらやましさを感じました。
岩手県からも知り合いの企業さんなどにお声をかけて聞いていただきました。
世嬉の一もこの3社に近づけるよう、努力したいと本気で誓ったセミナ-でした。
さらに、岩手県もこの刺激をうけてちょっとでも活性化すれば嬉しいです。
今日は世嬉の一は刺激をうけて元気に営業しています。
——————————–
新商品のお知らせ

nendo×世嬉の一の缶ビールギフト
できました!


夏の健康にごり酒できました!
 


Posted by sekinoichi at 10:58