南部杜氏の里・岩手県で大正から続く蔵元「世嬉の一(せきのいち)酒造」から旬な話題をお届けします。

>>世嬉の一酒造公式ホームページ    >>ネットショップ

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2013年09月11日(水)

福香ビール 恩送りプロジェクト~第四弾~大船渡に行ってきました。

 JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

当社で行っている、東北復興支援ビール 福香の「恩送りプロジェクト」。
第一弾、陸前高田市の牡蠣の養殖
第二弾、釜石市 井戸商店 イカソーセージ
第三弾、気仙沼市 齋吉商店 金のサンマと行っておりましたが、
次は第四弾になります。
今日は、その先を探すため、岩手県振興局様のご紹介で大船渡に行きました。
震災後大船渡には何度か足を運んでおりましたが、
気仙沼、陸前高田に比べるとぐっと低くなっています。
久々の大船渡です。今回は大船渡の綾里にある千葉勝商店様にお伺いしました。
秋晴れの気持ちのいい天気の中、窓をあけて運転していました。
潮の香りと風が気持ちよく、海を見ると「何かあったの?」といわれるような、
穏やかな海です。
震災でこの海が荒れ狂ったことを忘れてしまいそうです。
街中に入るとせわしなくダンプトラックが行き来し、震災前市街だったところは、
雑草がはえ、東京の湾岸の埋立地にも見えてきてしまいます。
いろいろなことを考えながら、綾里地区にお邪魔しました。
ナビを見ながら住宅地に入っていくと、まだ真新しい工場の千葉勝商店様を見つけました。
笑顔で迎えてくれ社長の千葉敏明様と奥様の朋子様。
大船渡で生まれ育ったそうです。
震災時、被災して工場など流されたそうです。
この工場ができたのは、今年の4月。
そして、今回、福香ビールにお付けして皆様に紹介したい商品が
くきわかめ漬けです。今年の5月から生産できるようになったそうです。
工場が流され、機械類が全部流されたため、最初は仕事ができず、
その後、早い時期に仮設で工場を作り塩蔵わかめをパックし販売していたそうです。
仮設では、食品衛生法の関係で主力だった茎わかめ漬けなどの加工品がつくれなかったそうです。
なんとか復活したく土地を探し工場の再建をねがったものの、土地をみつけるのも難しく、また、土地が見つかった後もどの工事業者さんも仕事が多く、
なかなか工場がつくれなかったそうです。
そうこうしているうちに、資材の高騰などもあり、3/4補助金を受けていたそうですが、
工事金額があがり、結果1/2補助にになってしまったそうです。
それでも震災から二年たった今年の4月にやっと工場が完成したそうです。
真新しい工場。社長と奥様二人で切り盛りしています。
お盆中は東京に行っている娘さんも帰ってきてお手伝いしていたそうです。
千葉さんは工場の機械を一つ一つ丁寧に嬉しそうに私に話してくれました。
千葉さんにお聞きすると、2年間も加工品を作ることが出来ず、
お取引先様の陳列棚は他の商品に代わっていたそうです。
一度陳列棚のスペースが失われるとなかなかもう一度入れていただくことは難しいそうです。
それでも何件か地元のスーパーマイヤさんや道の駅には置いていただけたそうですが、
結果として震災前の半分くらいのお取引先になってしまったそうです。
そのため、人を採用するのも不安だそうです。
様々な大変な課題が山積しているのはわかりつつも、
新しい工場でこれからにむけて明るく話すお二人がとても印象的でした。
二人で今再建に向けて本気でがんばっている様子がわかりました。
帰りに海を見ると、湾内に浮かぶさびた船が見えました。
さび付いており、もしかしたら座礁しているのかなぁ?
放置している



Posted by sekinoichi at 09:45