南部杜氏の里・岩手県で大正から続く蔵元「世嬉の一(せきのいち)酒造」から旬な話題をお届けします。

>>世嬉の一酒造公式ホームページ    >>ネットショップ

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2014年01月20日(月)

建部清庵の勉強会を開始。新しい町おこしプロジェクトがはじまりました。

JUGEMテーマ:観光まちづくり

今朝の朝刊で当社の専務がしかけた
新しい街づくりの勉強会が取り上げられました。
建部清庵(たけべせいあん)プロジェクトです。
————————————————
建部清庵とは、一関の藩医で、蘭学者の人です。
杉田玄白とも親交が深く、息子を玄白の養子になったりしています。
一関にはこんなことわざがあります。
「一関にすぎたるものあり、時の太鼓と建部清庵」
清庵の偉業は3つあるといわれています。
1つは、杉田玄白との手紙のやりとりが、後に「和蘭医事問答」
として本当して出版され、蘭学を志す人の必読書となりました。
2つ目は、多くの優れた弟子を育てました。
たとえば、大槻玄沢はじめ蘭学の基礎をつくりました。
そして、3つ目は・・・飢饉の時の備えとして
食べれる野草、摘み草の事典「民間備荒禄」「備考草木図」
を出版しました。
これは飢饉の際に、食べるものがなく野草を食べて
食中毒になる人を清庵が見てそのような取り組みをし、
一人一人が飢饉に備えて植物の育成と知識を広めたと
言います。
さらにこれらの本は休荒書として広まり、
飢饉の際に一関だけでなく全国の多くの人を救いました。
そして、現代の一関でも建部清庵の指導で、植栽した
『菜の花』やその他の植物が盛ん生産されています。
————————————————–
当社の専務は「もち」である程度若者が立ち上がり始めたので、
その餅に新たなものとして清庵の「摘み草」「野草」を合わせて
いきたいと勉強会を立ち上げたのです。
今日は、一関市立博物館 学術主査 相馬 美貴子様から
講演「建部清庵とは?その功績について」と題して
清庵に関して勉強会を行いました。
もちろん、当社のスタッフも聞かせていただきました。

30人以上集まり、熱心に話を聞きました。


一関市立博物館 学術主査 相馬 美貴子様です。
そして、今朝の朝刊に岩手日日さんや岩手日報さんでも
取り上げてくれました。




世嬉の一は今日も一関偉人を学び、
それに恥じぬよう努力し元気に営業しています。
—–PR—–



バレンタインビール販売開始しました。

↓ ↓ ↓

サムシングブルーとセットはこちら(6セットまとめ買いで600円おとく)


http://xc528.eccart.jp/e593/item_detail/itemId,103/



ショコラスタウト単品はこちら

(8本まとめ買いで800円おとく)

↓ ↓ ↓

http://xc528.eccart.jp/e593/item_detail/itemId,65/

 

いわて蔵ビール頒布会今年も始まりました!

4ヶ月(10000円~)

Bコースには新商品「酒米ビール」もお届けしています。



↓↓↓

http://www.sekinoichi.co.jp/beer/indexhanpu.html







にごり酒&透明セットのお申込みはこちら(蔵元のヌーヴォー)

http://xc528.eccart.jp/e593/item_detail/itemId,14/



■■■イベント情報■■■
ご家族で一生餅のお祝いは・・・
蔵元レストラン世嬉の一で!
↓↓↓

 



Posted by sekinoichi at 12:50