南部杜氏の里・岩手県で大正から続く蔵元「世嬉の一(せきのいち)酒造」から旬な話題をお届けします。

>>世嬉の一酒造公式ホームページ    >>ネットショップ

蔵元だより

大吟醸 世嬉の一 720ml

2014年04月04日(金)

社員紹介14!~世嬉の一酒造 佐藤晄僖会長!~新人 沼田レポート!~

JUGEMテーマ:季節の出来事

どしゃぶりの朝から、曇りの世嬉の一です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
夕方に向けて少しずつ太陽が顔を出したり出さなかったり…
中庭の椿もぐっと顔を上げています。

明日には、大輪の花になっていそうな椿です。
さてさて、今日の社員紹介は…

佐藤晄僖会長です!
優しい笑顔がとても素敵な印象の会長です!
会長は、世嬉の一の仕事の他に
千厩自動車学校の社長
酒の民族文化博物館の館長
餅食推進会議 委員長
ユネスコ協会 一関 委員長
一関商工会議所 副会頭
などなど沢山の仕事を兼任しています。
とってもお忙しい会長(72歳)です
人との出会いを大切にされる会長…
今の世嬉の一の原型をつくったのも
三代目蔵元である現会長になります。
二代目が昭和56年に急折してしまい
40代で会長は世嬉の一酒造を引き継ぎ
社長に就任します。
(それまでは、会長は自動車学校をずっと
やっていたそうです)
小さな酒屋だった世嬉の一は、二代目蔵元が
あまり商売が得てではなかったため、
会長が引き継いだときには明日にもつぶれる
という状態でした。
当時はバブル期の真っ只中であり、街中に多く建設されていた
大型ショッピングセンターの賃貸候補地として
様々な方面から蔵を壊して土地を貸してほしいと持ちかけられました…
しかし、「蔵を壊してしまうのはもったいない」と、
「この蔵は、法規上世嬉の一のものになっているが、
蔵のある風景は街の大切な資産だ」と考えました。
そこで、会長は現在の蔵を残したまま、存続する方法を模索しました。
当時自動車学校を2校経営していた会長は、1校を売却し、
蔵の補修と改善に投資し、蔵元レストラン世嬉の一と
酒の民族文化博物館と広場をつくったのです。
多くのかは、ショッピングセンターの話をふってしまった会長に
「それこそもったいない」と声をかけてきたそうです。
しかし、そのおかげで、今では多くのお客様が
この蔵に来てくれるようになりました。

元釜場だったところは蔵元レストラン世嬉の一になっています。
やってみたらおもしろそうという考え方を大切にしている会長。
「ドアをノックしてみる」
ノックして、出てこないかもしれない、けど、出てくるかもしれない。
ノックしなくては何も変わらないのだと考え行動されています。
何事も、小さくてもいいから初めの一歩が大事だと語ってくれました。
さらに、人とのかかわり合いも大切にする会長。
損得が大切なのではなく、
人とのかかわり合いが大切ともお話ししてくださいました。
私自身も会長の考えを勉強し、ドアをノックする(新しい事に挑戦する)
ようにしたいと思います。

世嬉の一は今日も新しいドアをノックし、
進んでいきます。
今日も元気に営業中です!
——-PR————————–

マースジョッキ(1Lジョッキ)新登場!

一応販売も100個だけします。


2700円です。



↓↓↓


http://xc528.eccart.jp/e593/item_detail/itemId,180/

なんかビール祭りやりたくなりますね~

これからも蔵ビールを宜しくお願いします。

 



新商品!笑顔のおちょこ!
クリックで挿入クリックで挿入
現在は気仙沼の斉吉商店の「金のサンマ」が恩送りになっています。
クリックで挿入
ご贈答に・お誕生日に・お祝いに
名入れラベルのお酒
↓↓↓
■■■イベント情報■■■
ご家族で一生餅のお祝いは・・・
蔵元レストラン世嬉の一で!
クリックで挿入
↓↓↓

 



Posted by sekinoichi at 07:11